11号か13号か

11号か13号か

20代前半の頃のスーツのサイズは7号でした。

それなりに細い体系だったと思います。

それが20代後半にさしかかると、9号がぴったりになり、今や9号は入りません。

11号がぴったりの体系になってしまいました。

しかしその11号でさえ、ほんとにぴったりなので、見方によってはピチピチに見えてしまわないか心配です。

だからといって、今度13号にしてしまうと少し余裕ができます。

ただ、13号はなぜか買いたくないと思ってしまいます。

当時7号を着ていた私からすると、13号サイズになった自分の体系が嫌で嫌でしょうがありません。

3サイズも上がってしまう事に抵抗を隠せません。

どんな事があっても9号以上にはならない。そう思っていました。

そんな私が今や11号か13号かで迷うなんて。

せめて9号か11号かで悩みたかった。そう思ったくらいです。

もし今13号を選んでしまったら今度は15号と、どんどんサイズが上がってしまいそうです。

ここはやっぱり自分に厳しく11号か、それとも余裕をもって13号か。

そう悩んでいる時点で15号へいく要素がたっぷりあるんだなと反省するばかりです。

久しぶりのケガ

何年かぶりにケガをしました。

ここ数年、自分の血というのを見たことがなかったのですが、久しぶりの大けがです。

夜中に歩いてコンビニまで向かっている最中に足を滑らせてしまいました。

そこは段差があったわけでもなく、障害物があったわけでもありません。

ただ、雨が降った直後でアスファルトが濡れていました。

私の地域で売っている「島ぞうり」というスリッパ感覚で履けるものがあるのですが、

この「島ぞうり」、雨の日は履いてはいけないと言われています。

絶対ダメというわけではありませんが、雨の日に履くと滑るのです。

もちろん私も知っていた事ですが、ちょっとそこまでだしと思い履いて出かけてしまいました。

滑ると分かっているので、気を付けて歩きましたが派手にコケてしまい、ヒザを深く切ってしまいました。

酔っ払ってコケたと思われましたが、「島ぞうりで雨上がりに歩いた」と言うと、「分かる~滑るよね」と共感してくれました。

久しぶりのケガにちょっと恥ずかしい気もするのですが、

「地球に膝蹴りを入れてやった。きっと地球もダメージでかいはず」と笑いに変えています。